SEO対策の基本テクニックを押さえておこう

Googleなどの検索サイトでキーワードを検索するといくつものサイトがヒットします。

 

このヒットした中で上の方に表示されるよう工夫することを「SEO対策」と呼びます。

 

自分のサイトに読者を呼び込むには、このSEO対策について知っておくことがアフェリエイトで稼ぐコツと言えるでしょう。

 

 

 Googleで上位に表示されるには、「上質なサイトであること」が必要とされています。具体的な情報は明かされていませんが、内容が充実していること、更新が頻繁であることなどがその条件とされています。

 

 この記事では、アフェリエイトで必要なSEO対策のテクニックを紹介していきたいと思います。

 

本格的にSEO対策について語ると本一冊かけてしまうくらい量があるので、初心者が実践しやすいポイントをなるべく簡単に説明しているので、ぜひ参考にしてください。

 

できるだけたくさん書く

 いくら頻繁に更新していても、1つの記事が短すぎるのはあまり効果的ではありません。

 

短くても800文字、出来れば1,000文字以上を目標に更新するのがベストです。

 

毎日続けるのは難しくても、週に1度くらいは長い記事を書くようにしましょう。

 

最初はなかなか時間がかかりますが少しづつ慣れてくるので、作業効率は上がっていきます。

 

巡回リクエストを送る

サイトを作ったことや、内容を更新したことをGoogleにアピールするのも有効な手と言えるでしょう。

 

「Google Search Console」から「巡回リクエスト」を送ることで、検索上位を狙うことができます。

 

記事を毎日更新する

更新が頻繁なサイトほど、読者を呼び込みやすいです。記事はできる限り毎日更新しましょう。

 

ブログの場合、更新が1週間滞ると「古い記事」になりうることがあります。

 

ネタがないときでもとりあえず何かしら更新していきましょう。

 

タイトルにキーワードを入れる

 トレンドのネタを扱うときは、記事のタイトルにそのキーワードを入れるのがコツです。

 

もし特定の商品について触れるなら、そのメーカーや型番まで入れるのがベストと言えるでしょう。

 

とはいえ、タイトルが長すぎるのも良くないので、30文字以内に収めることを目標にしましょう。

 

また、タイトルにキーワードの羅列もあまり意味がありません。

 

記事を修正、更新する

 記事をどんどん書いていくと、古い記事にリンク切れや、古い情報がのってしまうことがあります。

 

こういったサイトは手入れがされていないと判断されて下位に表示されてしまいます。

更新履歴